2006年10月7日、ジャックラッセルテリアが我が家にやってきました。 女の子で、名前はラム(2006年8月27日生まれ) 彼女と超初心者の飼い主の成長日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ラムまま
 
[スポンサー広告
暗い話ですみません。
遅ればせながら、
新年あけましておめでとうございますm( . . )m
本年もラム共々宜しくお願い致します。
Image163_convert_20090118155740.jpg

2ヶ月ぶりの更新になりました(汗)
実はこの2ヶ月、私なりに書けなかった理由が・・・

実家の父が11月中旬に突然入院となりました。
それも胆管癌というシリアスな病名。
身内では初めてのことでかなり凹み、
なんとなくブログを更新する気にはなれなくて・・・

でもお蔭様で手術も成功し、今月末に退院の予定です。
あとは転移しないことを祈るばかりです。

この2ヶ月間、去年通った宇佐八幡宮にもラムと繁々と通いました↓
RIMG0330_convert_20090118161349.jpg


でも今回のことでいろいろ考えさせられました。
今回初めて知りましたが、
今は病名などを本人に偽りなくすべてを話すんですよね。
術前の説明の時、主治医に
「5年生存の可能性は50%くらいだと思われます」
なんて、父を目の前にはっきりと言われた時は、
あまりにさらっと言われるので自分の耳を疑いました。
父は元来穏やかで冷静な人なので、
動揺も見せず真剣に話を聞いていましたが・・・
私は家に戻ってもなかなか現実を受け入れられずに
一人暗くなり、いろいろ考えてしまいました。

人間の死を無理やり大きく二つに分けるとしたら
事故や心筋梗塞のような突然死と癌のように死と向き合いながら死んでいく死に方とがあると思うのだけど、
自分だったらどっちがいいだろう?なんて考えてしまったわけで・・・
たぶん、自分は余命○年とか○ヶ月なんて宣告されても
受け止められずに家族に迷惑かけて死んでいくような気がします。
強い人なら、
自分がやり残したことや家族に伝えたいことを行いながら、死と隣合わせで生きることができるんだろうけど・・・

すみません、新年早々暗くなってしまいました。

でもこんなに暗い新年でも
ラムは明るさと癒しを我が家に与えてくれていました♪
ホントラムがいてくれてよかったぁ~~

では、今年もスローな更新になりそうですが、
時々覗きにいらしてくださいませm( . . )m



Posted by ラムまま
comment:4   trackback:0
[未分類
comment
幸子姫さんへ
ご心配おかけしておりますm(..)m
そうですよね、皆さんお身内に一人や二人、そういう方っていらっしゃいますよね。
今回のことでいろんなサイトで闘病記などを読み勇気付けられたり、考えさせられたりしました。
病気にビクビクしているより、如何に輝いて生きるか・・・それが大事なんだと思います。
私も実家にはできるだけ帰ろうと思ってます。



2009/01/29 21:56 | URL | edit posted by らむママ
こんにちは。どうしたのかなと思ってました。
お父様は、冷静に聞いておられたのですね。
それまでの人生が充実していた証拠なのではないでしょうか。

祖母も、難病指定を受けて、もう絶対に治らないし、良くなることもない、
これからの人生はおまけだと思ってくださいと言われました。
でも、担当の先生も本当に難病なのかと疑うぐらい数値が良くなりました。
足腰は悪いですが、元気です、特に口が…おしゃべり。
人間って、すごいパワーを秘めていると思います。
お父様のパワーを信じてみてください!
私は祖母のおまけの人生を私なりに楽しませてあげようと、
3ヵ月ごとに会いに行って、あちこちオデカケしています。
お父様と家族のみなさんと色んなことをしてあげてください。
きっと、みんなのパワーがお父様にも伝わります!!
2009/01/29 16:01 | URL | edit posted by 幸子姫
クーさんへ
今年初の書き込みが暗くてすみませんでしたm(..)m
ご心配いただいてたなんて・・・それも海の向こうから。
私も更新ない人のブログ、ついつい気になって覗きに行ったりします。
5年後の生存確率が50%ってホント微妙ですよね。しかも父はもう70代半ばなので、本人にしたら『そこまで生きれたら十分』なんて思ってるかもしれません。
クーさんのおっしゃる通り、案外みんなそんな確立で生きてるんですよね~
だから一日一日を有意義に生きるって大切なんだと身にしみて感じてます。
今年も気ままな更新ですが宜しくお願いします♪
2009/01/20 09:32 | URL | edit posted by らむママ
ご無沙汰です^^;
今年もヨロシクお願いします。。。
更新が全然ないので「体調不良かな?」と心配していましたが、お父様でしたか…。

大変な思いの数ヶ月をお過ごしだったのですね。。。
死と向き合って余命宣告されるのは、受け止める側の心の持ちようで変わるんでしょうね。
私は父を突然の病(心臓)で亡くしました。
これも家族にとっては、かなりのショックです!
「こんなことなら、あれもしてあげればよかった。あんなこと言わなきゃ良かった…」とずいぶん悔やみました。
まだ中学生だったので。。。(^^ゞ

でもお父様は手術も成功して、5年生存の可能性は50%と言われたんですよね。
考え方ですけど、人間は健康に生きていても事故や病気で突然死ぬこともあるんだから誰でも生存率50%なのでは?
ご家族のラムままさんにしたら「他人事だと思って!」と怒られるかな?
この<50%>をどう受け止めるかで、気持ちが変わりますよ。

お父様の長寿とラム家のご多幸をお祈り致します。
2009/01/19 13:21 | URL | edit posted by クー
comment posting














 

trackback URL
http://rummama.blog79.fc2.com/tb.php/83-40146e5f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。